FC2ブログ
2018-11-21 11:45 | カテゴリ:時事
スマートデイズ被害者って言葉をニュースサイトで見て、、

かなり違和感。

そもそも一般人が詐欺を受けた案件の消費者保護法とは違うんです。

スマートデイズって、、つまり個人か法人事業としてこの業界に参入されたはずです。


つまり事業者なんですよ。


事業者には、一般消費者と違い高度な判断と責任を求められる。


かぼちゃの馬鹿


スマートデイズ被害者同盟サイトには、、

「被害者のほとんどは普通のサラリーマンです。」と言い訳している。


違うだろ?と、、、

自分が決めてハンコ押しておいて被害者面をする集団、、、


平たく言えば「楽して儲けようとした世間知らずのバカ」、、です。


リフォームとかも、、

一般向けの高めの見積価格に、、安い業者取引価格、、そしてぽったりくり価格もある。

安かろう悪かろうもあるし、、

高いのに悪かろうもある。

何をナンボで売り買いするかは自由なんです。

高いなら買わなければよいだけで、、

事業者なら価格をきちんと自分で見積もれないと全く意味がない。

そして工事内容にも精通しないといけない。



サイトには「評価額をはるかに超える金額で契約されていること」

と書かれていますが、、

モノの売り買いは自由なんです。

評価額を超えてもそれを手に入れたい方は買います。

売り買いは自由なんですよ。

売るほうは高く売りたい、買う方は安く買いたい。当たり前です。

嫌なら最初から買わないことです。

誰もあなたの実印を奪って脅迫してハンコ押させたわけではない。

あなたが「これで儲かる」と判断してハンコを押したんですよね???



つまり、、

スマートデイズ被害者を名乗るのは、無責任なバカの集団です。

市場で負けて身包み剥がされて淘汰されていく敗者でしかない。

サラリーマンとしてもダメなんでしょうね。


そもそも、、

サラリーマンってそんだけ会社に守られているのに、、

それに気づけずに、、

濡れ手に粟の欲をかいて借金を背負った。

それが事実です。



まぁ、、

かぼちゃの馬鹿 の集まりだということです。

それか、、「被害者ビジネス」にするんでしょうかね?




※別にスルガ銀行を擁護するわけじゃないです。銀行ってそんなものです。今まで十数人銀行の融資担当者が来ましたが、、マトモだった銀行員は二人だけです。





取り敢えずこの辺で。




ランキングですが、スマホからのクリック対応している様子です。スマホとPCの両方からクリック応援頂ければ有難いです。

◆一読一回、読んだらクリックでランキング応援をどうぞよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

◆こちらもクリック応援宜しく

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

☆このブログはリンクフリーです。
関連記事