FC2ブログ
2018-11-19 12:30 | カテゴリ:健康
「疲れたときには甘いものを食べるとよい」は本当なのか
「疲れたときに甘いものが欲しくなる気持ちは分かります。脳の栄養素なので適度に食べるのはよいですが、大量に食べることはお勧めしません。
甘いものをたくさん食べると、血糖値が急激に上がります。血糖値が急激に上がると、すい臓からインスリンという、血糖を下げる体内ホルモンが分泌され、低血糖状態になります。こうして、血糖値の大きな変動が起き、さらに疲れやすくなるからです」

http://news.livedoor.com/article/detail/15615449/

昔、旅行先で疲労がひどかった時、、

貝柱焼きを食べたんですね。

それでいきなり回復した(笑)

貝柱は、タンパク質とタウリンです。


その経験から、、

「ホタテ貝柱」は寿司ネタで必ず選ぶネタになりました。


また、、

疲労回復のビタミンB1は豚肉に多く含まれています。

あおさの味噌汁でしたらマグネシウムも多く含まれていて、、

豚肉も入れた「トン汁」なら疲労回復向きです。


工夫して疲労回復しましょう。



取り敢えずこの辺で。




ランキングですが、スマホからのクリック対応している様子です。スマホとPCの両方からクリック応援頂ければ有難いです。

◆一読一回、読んだらクリックでランキング応援をどうぞよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

◆こちらもクリック応援宜しく

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

☆このブログはリンクフリーです。
関連記事