FC2ブログ
2018-11-08 20:58 | カテゴリ:健康
お尻ブスを改善! “ながら”でできる「美尻トレーニング」3選
トレーニングジムに週に4~5回通い、「毎日お尻のことを考えている」と笑うNATSUさん。お尻を鍛えるうえで最も大事なことは脳内イメージで、「重さや質感など、自分のなりたいお尻のゴールを想像し、意識するのが大事」と言います。
NATSUさんによると、お尻の形には4つの種類があるそうです。腰とお尻の境目のない「四角尻」、お尻全体がだらりと下がっている「垂れ尻」、立体感がなく平らでのっぺりした「平尻」、そして、プリッと丸い理想的な「桃尻」。ちなみに日本人は「四角尻」が最も多いとのこと。
NATSUさんは「街行く人を見ていると“お尻ブス”をちょくちょく見かける。もったいない。自分のあるべきヒップの位置を知ってほしい」と語り、日常でできる3つのトレーニング法を教えてくれました。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181108-00010007-tokyofm-life

お尻鍛えてますか?

最近、シャワーを浴びていると、、

ケツ硬くなったなーと実感しています(笑)

さて、三つの方法。詳しくはリンク先で、、

1つ目は「イスに深く腰掛けつつ、お尻の肉を潰さないように“一度持ち上げてから座る”」というもの。

2つ目は「クロスした両手で両ヒザの外側を内側に向けて寄せながら、両ヒザはそれに逆らい外側に開く」というもの。

3つ目は、「通勤途中の電車やバスで、立ったままで、お尻の筋肉を締めて鍛える」。


要は意識してお尻を使うことです。

日本人の場合、やはり「四角い尻」多いです。

それはやはり「歩き方」からも来ています。


日本人に多い「スリッパ歩き」。

蹴り出しを意識して大股で歩くことが大事です。

そしてスクワットチャレンジ。


魅力あるお尻に鍛えていきましょう。



取り敢えずこの辺で。



ランキングですが、スマホからのクリック対応している様子です。スマホとPCの両方からクリック応援頂ければ有難いです。

◆一読一回、読んだらクリックでランキング応援をどうぞよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

◆こちらもクリック応援宜しく

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

☆このブログはリンクフリーです。
関連記事