FC2ブログ
2018-11-04 09:50 | カテゴリ:時事
さて安田純平とは何だったのか?

シリアに潜入後直ぐに拘束された安田。

自分からテロ組織・武装勢力系の有力者に近づいてそのまま拘束された。

目的は「どのような人々が反政府武装勢力の中で戦っているか知りたかった」と、、

現地の戦争被害のレポートではなく、、

反政府武装勢力の構成員の身辺調査をしに行った。

つまり彼は「スパイ」だったんですよ。

安田が接触を図り拘束された反政府テロ組織は、、、

ウイグル系と係わり合いのある組織らしいです。

ですから、ウイグル系組織を通じて救出を図っていた団体がありましたが、、

その筋は潰されてしまい頓挫、、


その後何故かカタールが身代金を支払って救出したということみたいです。


で、、

身代金をカタールが払った理由と、トルコ国境で解放された理由ですね。

実は、、

カタールとトルコは仲良しで、、、

どちらも親日ですが、、

カタールは中国とも仲良しなんですね。

カタール警察の訓練は中国語で行われている。

で、、

中国は「新疆ウイグル」を弾圧して民族浄化、民族抹殺を図っている。

100万人が強制収容所に監禁・思想改造され、、

臓器が抜かれて売られている。

で、、

中国はシリア政府と仲良しです。


まぁ、、そんな流れを見れば、、、

安田純平を反政府テロ組織に取材と称して潜入させたのは中国共産党で、、、

カタールを通じて解放させたのも、実は、中国共産党だった、、という絵が見えます。


日本の左翼系番組の朝日や毎日や週刊現代とかが、、安田純平を英雄扱いするのも、、、

そういう理由でしょう。



取り敢えずこの辺で。



ランキングですが、スマホからのクリック対応している様子です。スマホとPCの両方からクリック応援頂ければ有難いです。

◆一読一回、読んだらクリックでランキング応援をどうぞよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

◆こちらもクリック応援宜しく

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

☆このブログはリンクフリーです。
関連記事