FC2ブログ
2018-10-13 16:42 | カテゴリ:スピリチュアル
取材のたびに新たな感動を覚える、江原啓之さんのシンプルですごい習慣について。
今回のテーマは、原点に立ち返るような、「いまを生き抜くための、スピリチュアルヒント」。ネガティブな話題が尽きない時代だからこそ、どんな心持ちで暮らしていけばいいのか? をテーマに、不幸体質診断テスト、そして巷にはびこるスピリチュアル信仰の是非…など盛りだくさんでお届けしますが、江原さんの笑顔と、「スピリチュアルの神髄を理解できている人は、不幸なんて寄せ付けませんよ」という言葉に、これ以上説得力のあることがあるだろうか…と深く納得した取材でもありました。みなさまが今号でそのヒントを得てくださることを祈って!

https://ananweb.jp/news/197101/


なんですか?
スピリチュアルの神髄って???



エハラーって、、

日本にスピリチュアルを「ビジネス化」させた大罪人(笑)


実は霊視も何も出来なくなっているのは有名な話で、、、

とある神社の「ご神木」もエハラーは別の樹木を褒めていて、、

案内した方がコチラが御神木ですよと指摘した。

後日、書籍化した時、、エハラーが御神木だと霊視したような記事になっていたと(笑)


パクリー改ざんエハラーです。


佐藤愛子著の「私の遺言」見てもわかりますが、、

エハラーはその解決に全く役立たなかった。


エハラーの地域経済的貢献は、、

「パワーフード」(笑)


神社とかパワースポット周りのお店の地元の美味しい食事はパワーフードだと紹介したのは、、

パワースポットたらの地元経済には貢献しましたね。


ここをパクったのは、、

永谷綾子ですかね?

「神社巡りの後は、スイーツを食べること!!!」とやっています。


まぁ本題戻って、、、

「スピリチュアルの神髄」

エハラーが騙るのか、、と、、

「不幸なんて寄せ付けない」

密教の天才、空海は唐に渡るとき船が難破しかけて遠く離れた岸に漂着した、、

座禅の道元は命を狙われた、、

後にソーカ学会というカルトを産んだ日蓮は、首を斬られかけた、、、

仏法を広めようとした方達

その手の教祖級って、、艱難辛苦ってのは多い。


それに比べて「金儲け」以外は何もしていないエハラー、、

その口が言うか?と笑えます。


前の記事で、、

釈迦の教えをどーたら言うなら、財産全て捨てて路上生活者から始めなさい、、と書きましたが、、

イエスも同じコトを言っている。

金持ちが天国に入るのはラクダが針の穴を通るより難しい。



幸せどうたらを言っている時点で、、「スピリチュアルの神髄」からは脱線しているということです。




取り敢えずこの辺で。



ランキングですが、スマホからのクリック対応している様子です。スマホとPCの両方からクリック応援頂ければ有難いです。

◆一読一回、読んだらクリックでランキング応援をどうぞよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

◆こちらもクリック応援宜しく

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

☆このブログはリンクフリーです。
関連記事