FC2ブログ
2018-10-04 23:37 | カテゴリ:時事
神戸市の造船所で世界で初めてリチウムイオン電池を搭載した海上自衛隊の潜水艦の進水式が行われました。

神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所で開かれた式典には、防衛省の関係者など約300人が出席し、新しい潜水艦は「おうりゅう」と名付けられました。

おうりゅうの全長は84m、2009年から海上自衛隊で運用されている「そうりゅう」型と呼ばれる種類の潜水艦で11番目の艦船です。

今回からエンジンが変わり、世界で初めてリチウムイオン電池とディーゼルエンジンを組み合わせた構造となっています。防衛省によるとエンジンの変更により、これまでの潜水艦よりも速度が速くなり、航行時間が長くなるなど性能が向上しています。

総工費は約660億円で、再来年には自衛隊に引き渡される予定です。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181004-12103304-kantelev-l28

世界で初めてって理由は、、

リチウムイオン電池の安全性の問題で、、、

よくサムソンのギャラクシースマホとか爆発しているアレです。

韓国製や中華製が品質悪いのは「勿論」ですけど、、

西洋も品質基準のガイドラインが低い。


日本のリチウム電池は社内検査規定が厳しくて、、

電池にブスっと、、「釘刺し」試験もする。

この基準は日本以外どこも無いんです。

ですから、潜水艦という最高機密軍艦をリチウムイオンで動かすのは、、、

つまり日本しか無かったんですね。


私が紹介した非常用バッテリーが、、

密封型鉛バッテリー搭載のモノなのはそこが理由です。

韓国製や中華製リチウムイオンバッテリーだと、、

いつ爆発するかわかったものじゃないから、、なんですね。


安価な分、リスクは増大します。

ヨーロッパメーカーの場合でも、搭載しているリチウムバッテリーは中国製か韓国製ですから、、

当然、リスクは高いです。



重たくても、、

歴史のある「鉛バッテリー(密封型)」なら、一般人の持つ非常用電源として安全性は高いわけなんです。



取り敢えずこの辺で。



ランキングですが、スマホからのクリック対応している様子です。スマホとPCの両方からクリック応援頂ければ有難いです。

◆一読一回、読んだらクリックでランキング応援をどうぞよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

◆こちらもクリック応援宜しく

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

☆このブログはリンクフリーです。
関連記事