足の感覚は靴から

- -
テレビの健康番組で、、、

認知症とかで、、、

「転ばぬ先の一歩」っていうか、、

バスの発進・停車で転ぶか転ばないかという実験ですね、、

筋反射の差があると番組ではやっていました。

対策として、、

ボックスダンスとか、、足を動かすトレーニング推奨していますが、、、、、

気になったのは、、


「靴」



70歳前後の女性の方で実験されていました。

バスの発信停車で転ばなかった方と、、転んだ方の違い、、


バスの発信停車で転ばなかった方は、、しっかり紐靴のスニーカーで、、、

転んだ方は、、ローファースタイル(スリッポンスタイル)のスニーカーでした。


見た感じ、靴と足に隙間があります。


足にピッタリフィットしていない靴を履くと、、

足の感覚は弱るんですね。


室内スリッパも同様です。


つまり日常生活で足を、ふくらはぎの筋肉を駄目にしている。

足にフィットした靴であること、、

紐をしっかり締めてズレの無い靴であること。


それらが、身体の感覚をきちんとしていくってコトです。



ローファー型(スリッポンスタイル)のスニーカーの方は、、紐のスニーカーに替えて、キチっと紐を締めて街を歩きましょう。



取り敢えずこの辺で。



ランキングですが、スマホからのクリック対応している様子です。スマホとPCの両方からクリック応援頂ければ有難いです。

◆一読一回、読んだらクリックでランキング応援をどうぞよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

◆こちらもクリック応援宜しく

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

☆このブログはリンクフリーです。
関連記事
ページトップ