FC2ブログ
2018-09-12 19:09 | カテゴリ:スポーツ
さて、、ウエイトリフティングの三宅義行会長のパワハラ疑惑、、

なんと、「3年前すでに謝罪した」と言う。

「(3年前に)そういうこと(パワハラの訴え)があったということですね。選手のコーチ、会社の代表、社長とかが来られて4者で話をして、もし私が話したことがパワハラとして捉えられたならば、心からおわびしますと謝罪しました」(日本ウエイトリフティング協会 三宅義行会長)
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180912-00000054-jnn-soci


選手本人に謝ってねーじゃん!


それに、、

三宅会長は取材に対し、「今になって問題が出て来たのは疑問」と話したそうで、、、


塚原夫妻の言う「権力闘争」な方向に話をすりかえているやり方です。

今回、取材にそういう対応をした時点で、、三宅会長はその役職には不適格だと言えますね。



で、、こんなニュース。


三宅会長は1968年のメキシコ五輪で銅メダルを獲得。長女の宏実を12年ロンドン、16年リオと五輪2大会連続メダリストに育てるなど、斯界の功労者であることは誰もが認めている。が、それ故に威光は絶大。13年に日本代表の女子監督、16年9月に協会の会長に就任してからは、いよいよ周囲から畏怖される存在になった。

 自らが与えたメニューとは違う練習をしていただけで選手にコップを投げつけ、意に反せば練習場から閉め出す、食事中に挨拶がなかったという理由で怒鳴りつける、といった告発文書に記されていたとされる数々のパワハラが表面化するようになったのも、その頃からだという。

中でも、関係者が眉をひそめているのは、今月2日に閉幕したアジア大会(ジャカルタ)の58キロ級で、女子重量挙げ選手として24年ぶりの表彰台となる銅メダル獲得の快挙を成し遂げた、安藤美希子(25)に対する「嫌がらせ」である。

「安藤は20年東京五輪のウエートリフティングでメダルが期待できる数少ない選手のひとり。そのメダル有力候補は今、日本を離れて韓国を拠点にしている。もともとは三宅監督の教え子だったんです。埼玉栄高時代に頭角を現した安藤は、平成国際大学を卒業後に総合不動産会社の『いちご』に入社して、三宅会長が監督を務めるウエートリフティング部に籍を置いた。でも、記録が伸びない。前近代的な練習しかさせてもらえない三宅監督のもとでは限界があると『いちご』を退社。それからです、三宅さんが安藤を目の敵にするようになったのは。日本では満足な練習環境が得られず、韓国に信頼するコーチがいたこともあって、向こうに拠点を移したのです」

 とは、事情を知る競技関係者だ。

 安藤が4位に入った昨年の世界選手権では、八木かなえ(26=リオ五輪53キロ級6位)ら出場選手には、所属先の指導者が協会のコーチとして帯同が認められたものの、安藤だけはノー。競技前の検量にはセコンドが同伴することが義務付けられているにもかかわらず、それすらつけてもらえなかった。1人で検量に行かざるを得なかった安藤を見た大会の担当者に、「あなた1人なの?」と心配されるほどだったという。

 ウエートリフティングは「スナッチ」と「ジャーク」の2種目をそれぞれ3回ずつ試技する。その前に選手が自分の挙げる重量を申告するため、相手との駆け引きを含めて、セコンドのマネジメントが結果を大きく左右する。セコンドがライバルの申告重量によって試技の軽重を計算するのだが、昨年の世界選手権では協会のコーチが安藤へのアドバイスをせず、事実上セコンドの役割を放棄。銅メダル獲得の可能性が残されていたにもかかわらず、安藤はそれすら知らされずに最後の試技に臨んだというからヒドイ話である。

「三宅会長は、大会で安藤の試技が始まると、『見たくもない』と言い捨て、必ずと言っていいほど席を立ってしまう。複数の関係者が目撃している有名な話です。会長がそうした安藤に対する感情を隠そうともしないから、当然、周りは忖度する」(別の関係者)


 ウエートリフティングもまた、選手ファーストからはかけ離れている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180912-00000019-nkgendai-spo&p=1

厳しく指導することと、、

パワハラとは別です。

100キロ担いでスクワットしている選手にコップを投げつけるという危険行為をする。


スポーツ協会の会長や副会長には、外部有識者という客観的な視野を持つ方を置くべきで、、

ウエイトリフティング会長で全日本監督だとかいう権力の集中は、、

その方がどんなに実績があったとしても、、


それは「間違った組織構成」だということです。




取り敢えずこの辺で。



ランキングですが、スマホからのクリック対応している様子です。スマホとPCの両方からクリック応援頂ければ有難いです。

◆一読一回、読んだらクリックでランキング応援をどうぞよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

◆こちらもクリック応援宜しく

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

☆このブログはリンクフリーです。
関連記事