FC2ブログ
2018-07-18 19:11 | カテゴリ:健康
猛暑日にリレー、中学生9人熱中症か…3人重症
7/18(水) 15:55配信読売新聞
 18日午後1時頃、大阪府枚方市養父東町の同市立第三中のグラウンドで、2年の女子生徒が気分不良を訴え、熱中症の疑いで9人が病院に搬送された。枚方寝屋川消防組合によると、うち3人が重症とみられるが、命に別条はないという。
 枚方市教育委員会によると、当時、生徒はレクリエーションの一環でリレーをしていたという。
気象庁によると、枚方市では午後2時過ぎに今年最高となる38度を観測していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00050046-yom-soci

これは、、

最低でも、、リレーをさせた教師を「過失傷害罪」に問うべきで、、、

殺人未遂でも良い位です。


自分たちが若い頃はこの位平気だったとか、、、

過去の「夏の季節状態」を間違えている。


枚方市議会議員名簿見ましたが、、、

自民党三人に対して、、

共産党が四人もいる。

連合市民の会ってのが七人、、、

公明党が八人、、、

民主市民議員団ってのが三人と、、

まぁ左翼革新系が多い土地柄です。


左翼革新系が多い土地は、、公務員が増えて財政が逼迫しても、バカ公務員はそのままです。

知事や市長が革新系だと大変なのは、、大阪や東京の歴史を見れば一目瞭然です。

大阪市営地下鉄も、改札で寝ている地下鉄職員が、、橋下市長誕生で是正された、、、



そもそも、、これだけ連日熱中症がニュースされているのに、、

「枚方市教育委員会」がきちんと仕事していない。

先生もバカ揃いです。

そこを直すべきですね。


年間1000人以上死亡する熱中症の真の恐怖! 「水をこまめに飲む」だけでなく、直後の対応が大切
https://news.yahoo.co.jp/byline/nakazawakosuke/20180715-00089500/

熱中症の対策は、「水をこまめに飲む」「塩分をほどよくとる」「日常的に睡眠や栄養をしっかりと」るなど、一見、誰でも簡単にできそうなことばかり。あえて特別な対策をしなくてもいいと、甘く考えがちだ。確かに、熱中症に関するニュースを聞いていると、「こまめに水分補給をするように」と繰り返されているだけで、周囲に重症者が出た際の対応までは意識が回らない。

いざ、目の前に熱中症患者が現れた時には、それが熱中症によるものなのか、どう対応していいのもわからず、まず水分補給をさせようと思っても、すでに患者は自分では水も飲めない状況となっていて、救急車が到着したときには手遅れになってしまう。

熱中症1
熱中症2
熱中症3

いかに早く体温を下げるか。氷の水風呂に患者を浸す

一方、救急科専門医の鶴和幹浩氏(株式会社 指導医.com代表取締役)は、熱中症は、発症初期には重症かどうかがわかりにくく、後で悪化することがあると指摘する。さらに、合併症率や死亡率は高体温の時間によるため、いかに早く体温を下げるか、まず必要になるのが冷却だと強調する。

http://www.risktaisaku.com/articles/-/1562
[リスク対策.com 2015年5月25日号 リスク対策.com 2015年5月25日号]



取り敢えずこの辺で。



ランキングですが、スマホからのクリック対応している様子です。スマホとPCの両方からクリック応援頂ければ有難いです。

◆一読一回、読んだらクリックでランキング応援をどうぞよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

◆こちらもクリック応援宜しく

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

☆このブログはリンクフリーです。

関連記事