2018-06-08 22:26 | カテゴリ:健康
病院の掃除術 一般家庭に必要か?

TBSのキンスマとかいう番組で、、、

病院の掃除術のエキスパートとやらが、、なにやら解説していた。

カビどうたら、、

ホコリどうたら、、

黄色ブドウ球菌だとか、、、

トイレのウイルスどうたら、、、


免疫力の落ちた病人のいる病院と、、一般家庭をごっちゃにしている。


そもそも、、

食中毒菌の黄色ブドウ球菌がこんなところにも、、と、、

キッチンの隙間に麺棒入れて、、

「ホラホラこんなに危険な菌が」とやっている。


バカですか?



「黄色ブドウ球菌」

健康な人の20〜30%が保菌している、、、

掃除したところで、、全身内外除菌しないとムリです(笑)


その番組では顕微鏡映像を出していましたが、、

どれが「黄色ブドウ球菌」と特定していたわけではない。

含まれているだろう、、ってだけです。


そもそもヒトは多くの雑菌と共生して免疫バリアを構成している。

その雑菌は腸内細菌も含むし、、

その数は人体の細胞より上回るのです。


一般人の「除菌生活」って、、

バリアを破壊して免疫力を下げる働きになる。


細菌や免疫のセンセイとか、、

他人の座った便座に「喜んで座る」という、、、

それは、他人の雑菌を手に入れて自身の免疫力を上げるためだという。


掃除術!掃除術!と言いながら、、細菌雑菌の免疫研究者の知見の無い、、

掃除のエキスパートとやらの宣伝番組、、、

キンスマって、、TBSってどーしょーもない番組だと思いました。


まぁ日本人の免疫力を下げて国体を破壊したい、、そういう「細菌バイオテロ」の一環かもしれませんね。



ちなみにああいう掃除術をできるのは、設備の整った大きい病院だけですね、、、

場末の小さな狭い雑居ビルみたいな狭い部屋にベッドを敷き並べた、病室に面会スペースなく、トイレも狭い汚い病院だと、、

実行不可能な掃除方法です。




取り敢えずこの辺で。



ランキングですが、スマホからのクリック対応している様子です。スマホとPCの両方からクリック応援頂ければ有難いです。

◆一読一回、読んだらクリックでランキング応援をどうぞよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

◆こちらもクリック応援宜しく

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

☆このブログはリンクフリーです。
関連記事