2018-04-14 00:53 | カテゴリ:時事
経営破綻し、民事再生法の適用を申請したのは東京の不動産会社「スマートデイズ」です。

この会社はオーナーとして一般の人たちから資金を募り、女性専用のシェアハウス「かぼちゃの馬車」などを建設・運営してきましたが、入居者が集まらず、ことしに入っておよそ700人のオーナーへの賃料の支払いが滞っていました。

会社によりますと、その後も資金繰りは悪化し、シェアハウスで水道や電気などが止められるおそれが出てきたということです。

このため9日、東京地方裁判所に民事再生法の適用を申請して受理されました。会社によりますと負債総額は60億円余りだということです。

会社では「皆様に多大なご迷惑をおかけしますことを心よりおわび申し上げます」としていて、今週中にオーナー向けの説明会を都内で開くとしています。

スマートデイズをめぐってはオーナーの多くが静岡県沼津市に本店をおく「スルガ銀行」から資金を借りていて、オーナーの一部は、審査に不正があったとして融資の契約を白紙にするよう銀行に申し入れるなど、銀行の責任を問う声も強まっています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180409/k10011396201000.html


一般の投資家、というか、シェアハウスで儲けませんか?というコトバに乗った連中が、、

スルガ銀行から融資を受けて、シェアハウスを購入し、、

サブリースに任せていたところ、、サプリース会社が倒産した。

オーナーは融資を受けているので、毎月支払いがあるが、、

サブリース会社が倒産したのでお金が入らない、困った、、

そんな話で、、、

まぁ、、

バブル崩壊辺り、、

20年前にあった出来事が見事にほぼ再現されている(笑)

そもそも他人が貴方のアパート運用して儲けさせますよ、、って、、

バカな投資話に乗る時点でアホなんですけど、、、、

20年経つと、、カモが代替わりしていて、、どんどん網に掛かったようです。

オーナーの自己破産続出とか、、

オーナーの物件がスルガ銀行に担保に取られて競売にかけられるとか、、

そんな方向になるんですけど、、、

そもそも、濡れ手に粟という、、不労所得で儲けようとしたのは、、

スピリチュアルの引き寄せ詐欺みたいなものかと、、思いますね。


まぁ、、この案件はオーナーの資質の問題で、、自業自得です。


バブルの時も、、

不動産融資で業績伸ばした銀行はバタバタ逝きました。

勿論、マンションやホテルとか、、

不動産物件を取得費の2割程度の安値で手放したオーナーも多かったです。


近年の、、

アメリカだと、、サブプライムローンですかね、、



今、インバウンドとかで、、、

大阪でもホテル建設ラッシュが起きていて、、

不動産価格は驚くほど急騰している。

「300億円分の資産買い取ります」なんて業者チラシが不動産屋にFAXで入る。

10年前は見向きもされなかった土地が、、

「アナタの土地高く買うわ!」と、、、

ダイレクトメールがコチラにも来る(笑)

まぁ、その資金源はたぶん日本乗っ取りの「中華」ですし、、、、


そして、、

パブル期と同様に、、

ゴールドカードにしませんか、、とクレジットカード各社からもDMが来る。


歴史は繰り返すんだな、、、と実感ですね。



今、「インバウンド」をあてこんだ経営をしていると、、、

中国が日本への「渡航制限」した途端に、、死屍累々になる業界も出てきそうで、、

そしたら、日本の資産はダダ下がりして中華ハイエナに買い盗られてしまう。

中華って、、意図的にそれを行うからタチが悪い。

日本人の阿鼻叫喚、、

そんな未来図もありそうです。



他人がアナタにタダで幸せをもたらす事はない、、、

このことはスピリチュアルにも100%当てはまると理解しましょう。




取り敢えずこの辺で。



ランキングですが、スマホからのクリック対応している様子です。スマホとPCの両方からクリック応援頂ければ有難いです。

◆一読一回、読んだらクリックでランキング応援をどうぞよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

◆こちらもクリック応援宜しく

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

☆このブログはリンクフリーです。

関連記事