2018-04-03 19:38 | カテゴリ:スピリチュアル
異形の水死体を祀ってエビスにした件

カミの発祥って色々で、、、

例えば、西宮エビス。

水死体を祀ったのがそもそもの発祥だろうと、、、

そこに蛭子をオーバーラップした。

まぁ、、

海に捨てられて流れ着いた「蛭子」を祀ったのが始まりとかの「伝説」に、、、

それをさらにストーリー継ぎ足して、、

いにしえに封じられた男性性と女性性の復活で解放だぁぁ

とか言い出す「霊能者もどき」、、


ナントカの科学みたいに、、

アタマが良い方は、、

スピリチュアル詐欺が得意です。


そもそも、、

海から上がってきたカミを刺激しないように硬く門戸を閉めて、門松が当たらないように逆さまにして災いを避ける風習を見ても、、

このカミは疫病神の部類です。


捨てられ流れ着いたものを丁重に祀るものの、、

ケガレはケガレだと、、、、


まぁドザエモンをエビスさんと呼んで豊漁のカミとする漁民の信仰も、、

今でも続いている。


別に、、

西宮エビスも、、イクタも、、

そのヒルコだかヒルメだかも、、

別に封じられたカミでもない。

それに、封じたなら封じたままで良いのです。



スピオタ、、

特に女性ウケを狙ってストーリーを捏造して、、

スピリチュアル風に仕立てて

本を売り、セミナーを売る。


ブラッキーな連中は「自己自慢」が得意です。



取り敢えずこの辺で。



ランキングですが、スマホからのクリック対応している様子です。スマホとPCの両方からクリック応援頂ければ有難いです。

◆一読一回、読んだらクリックでランキング応援をどうぞよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

◆こちらもクリック応援宜しく

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

☆このブログはリンクフリーです。
関連記事