FC2ブログ
2018-02-22 15:22 | カテゴリ:スポーツ
冬季五輪 日本のメダル11個は「たったの11個」と認識すべき件

「メダルラッシュだ」とか、、

「日本スゲーぇぇ」みたいにマスコミが言いますが、、

その11個の内、、小平奈緒の2個と、、高木美帆の3個で、、

二人が半分近くを占めている。

全体数も、、

他国と比較すると寒いです。

冬季五輪メダル数2月22日

小平奈緒選手が、、大卒後フリータースケーターになりかねない状態だったり、、

日本のアスリート支援環境ができていない。

スポーツに出資する文化が企業に無いのは、、

経営者の視野とマインドが貧困だからです。

※だからシャープとかパナソニックや東芝の「サラリーマン社長」の失敗がある。


経済的に見れば、、

景気ってのはサイフのヒモが緩むことと、、

世の中の賑やか感・達成感の向上です。

観光立国もありますが、、

日本は内需拡大が大事なんで、、

スポーツの盛り上がりって、、内需の拡大になるんですね。

メダリストが増えることで、、

スポーツ熱が拡大すれば、、

用品需要だけでなく、、観戦需要、輸送需要、建築需要、全てが拡大し、、

それは、報酬のアップにもつながる。

良い循環なんです。


リーマンショックとか、、経営再建とかで、、

運動部予算縮小程度ならわかりますが、、

パナソニックみたいに、、

バスケットとバドミントンを廃部した企業は経営能力が無いのと同じです。

特にバドミントンはオリンピックに出れる逸材が揃っていました。

そこを廃部にしたのが、、「鍛治舍 巧」というゴマすりのポチ専務です。

結局「鍛治舍 巧」は次の経営者にグラウンド管理人に更迭され会社を去りました。


話が逸れましたが、、、

今回の小平奈緒の金メダルは、、

小平選手の努力と支援した相沢病院のお陰です。

日本スケート協会は何もしていない、、

勿論、いつも偉そうな「橋本聖子」も何もしていない。

橋本聖子はなんの役にも立っていない。

ただ自分が目立ちたいだけの橋本聖子です。


女子パシュートも、、

高木姉妹の努力と、、

結局はオランダのコーチを招いて獲れた金メダルだと言ってよい。

勿論、科学的に前走者のスリップストリームに入れば楽になるというのは、、

パシュート以前に、、

競輪や車やオートバイで、極めて初歩の当たり前の知識なんで、、、

今更これが科学的手法と言われても、、

時代が一昔遅れている。

むしろ、、ソチでやれなかったのが不思議なんですね。

隊列方法や先頭の入れ替え方法も次は全てコピーされる。


小平奈緒の持つスケーティング技術を磨き上げが、、

次の鍵になりますね。


ただ、、今のスケート協会役員に、、

そのスケーティング技術の「意味」を理解する人物は、、全くいないと思います。


フリーター危機の小平奈緒を支援できなかった協会、

その協会に今後何が出来るのか?何を期待できるのか?と橋本聖子に聞きたいですね。



ソチ五輪後に、代表選手の強化のために招聘されたオランダのヨハン・デヴィット氏のアシスタントはこう述べている。
「日本には才能に恵まれた選手はたくさんいたが、彼らはそれを生かすことができていなかった。日本は世界2位のスピードスケート大国になれる可能性を持っているのに、その可能性を生かしていなかった」(AFPBBニュース2月10日)

https://www.msn.com/ja-jp/money/news/五輪「日本大躍進」報道のウソ、日本がメダル量産国になれない理由/ar-BBJqEsM?ocid=spartandhp#page=2


取り敢えずこの辺で。



ランキングですが、スマホからのクリック対応している様子です。スマホとPCの両方からクリック応援頂ければ有難いです。

◆一読一回、読んだらクリックでランキング応援をどうぞよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

◆こちらもクリック応援宜しく

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

☆このブログはリンクフリーです。
関連記事