FC2ブログ
2018-02-14 11:34 | カテゴリ:健康
感染症の対処法 2
http://karadajiku.blog.fc2.com/blog-entry-3515.html


で書きました、、

感染症の対処法 2  ってことで、、、
よく言われる「うがい」ですね。
一応これはうがいした時しか効果が無いと言われます。
ですが、しないよりは、した方が良い。

で、、

お勧めは、、重曹とお茶
重曹は、、
食用のものを使用します。
薬局でもありますね。
これを
コップに水100mlに対して重曹小さじ1/2を入れよくかき混ぜます。
クチュクチュぶくぶくうがいして、その後ガラガラうがい、そしてまたクチユクチユです。
回数はいくらでも
吐き出した後、すすがないことがポイントです。
基本的に、口腔の雑菌は真菌系です。
真菌には重曹が殺菌力がある。
これを続けることで、風邪だけでなく、虫歯も軽減した、虫歯にならなくなったという話もあるんですね。


こちらを実践されて、、

歯医者さんのブラシを使っても治らなかった歯茎からの出血がピタリと止まったと、、メール頂きました。

他にも、、

重曹ではないですけど、、

アルコール度数の高いウオツカをちびりちびりと口に含みながらテレビみていて、、

その後歯磨きしたら、、いつも出ている歯茎からの出血がピタリと止まったという報告がありました。

アルコールは除菌殺菌力があります。

40度とか高いアルコール度数なら、、

飲むのではなく、歯茎をすすぐ含み飲みなら、、

殺菌効果はありそうです。


ただ、、同じアルコールと言っても、、

ビールや日本酒だと、、、

アルコール度数は低く、糖質が多い。

ですから殺菌よりは真菌や雑菌を増やす方向に行くのじゃないかと、、思いますね。



ウイスキーやテキーラ、焼酎、、

蒸留酒でアルコール度数の高いモノがお勧めかもです。

ただし、飲みすぎは脳も肝臓もその他の健康も損ないます。

あくまでも口に含んでゆすぐだけ、、がお勧めです。


※注意
ロシアの密造酒とか安物のウオツカはメタノール(メチルアルコール)中毒の危険性があります。
酒にメチルって本来ありえないのですが、メチルアルコールは失明します。
メタノールは日本では劇物扱いされていて、一部を除いて一般的に購入することができません。
お酒はエタノールです。
また消毒用アルコールはエタノールですが、お酒の製造に転化できないように、不純物を添加したエタノールもあり、工業用アルコール、変性アルコールと呼ばれています、ですからこれらでゆすがないでください。
特に99.5%のエタノールには微量のベンゼンが残留している可能性がありベンゼンは発がん物質です。飲むだけでなく吸うだけでもよろしくないので使わないでください。




 
取り敢えずこの辺で。



ランキングですが、スマホからのクリック対応している様子です。スマホとPCの両方からクリック応援頂ければ有難いです。

◆一読一回、読んだらクリックでランキング応援をどうぞよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

◆こちらもクリック応援宜しく

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

☆このブログはリンクフリーです。
関連記事