2018-02-10 15:29 | カテゴリ:スピリチュアル
ヒーリングで治ってそれでヨシ という脱線、、ってことで、

ヒーリングを受けて楽になった、、

空気が変わった、、

そんな感想は多い。


自縛霊とかの霊道があったりしたら、、

道をズラしたりして障りを減らすってのはあるんですけど、、

こういうのは仕方ない。


カラダの問題で、、

ヒーリングでヨシってのは、、

「ちょっと違うな~」って思いますね。


「肩こりや腰痛、疲労に、ア●ナミン」ってコマーシャル。

あれはピタミンB製剤なんですね。


コリにビタミンB?なんですけど、、、

要は筋肉や血管の動作不足。

欠落しているのがビタミンB

必要量に対して供給量が追いつかないから、、機能不全を起こしている。

ですから、追加してやれば良い。

そういう考え方です。


筋トレとサプリメントで対処できれば、ヒーリングなど不要です。

症状別にバラ売りしているバカ高いヒーリング代金は、、ホント無駄です。

治ってヨシで叡智は伝えない、、

つまり「クライアントはバカのままでいてね」、ってのがヒーラーさん達、チャネラーさん達です。


さて、サプリメント、、、

活性型ビタミンBの紹介
http://karadajiku.blog.fc2.com/blog-entry-3632.html



■Life Extension, バイオアクティブ完全なビタミンB-コンプレックス, 60錠菜食主義者対応カプセル

LifeExtensionバイオアクティブ完全なビタミンBコンプレックス60錠
iherb価格:¥993
https://jp.iherb.com/pr/Life-Extension-BioActive-Complete-B-Complex-60-Veggie-Caps/67051?rcode=qvf680
多くのビタミンBは炭水化物、脂肪、そしてタンパク質からエネルギーを放出するコエンザイムとしての機能します。
1種類のビタミンBの欠乏は、身体全体の器官組織の最適な機能に影響を及ぼす場合があります。
バイオアクティブ完全ビタミンBコンプレックスが他と異なるのは、それがビタミンB6のピリドキーサル5-リン酸塩の構造、葉酸よりも最大7倍生物学的に利用可能である葉酸の活性化構造(5-MTHF) 及び各ビタミンBの有意義な各種効能などの、酵素的に活性化した重要な栄養素を提供するからです。


チアミン(ビタミンB1)(チアミンHClとして) 100 mg
リボフラビン(ビタミンB2)(リボフラビンおよびリボフラビン5'-リン酸として) 75 mg
ナイアシン(ナイアシンアミドおよびナイアシンとして) 100 mg
ビタミンB6(ピリドキシンHClおよびピリドキサール5 'ホスフェートとして) 100 mg
葉酸塩(L-5-メチルテトラヒドロ葉酸カルシウム塩として) 400mcg
ビタミンB12(メチルコバラミンとして) 300mcg
ビオチン 1000mcg
パントテン酸(D-パントテン酸カルシウムとして) 500 mg
カルシウム(パントテン酸D-カルシウム、硫酸カルシウム、リン酸二カルシウム) 60 mg
イノシトール 100 mg
PABA(パラ - アミノ安息香酸)


マルチビタミンでお勧めは、、

■Now Foods, EVEスーペリア・レディースマルチ、180ソフトゲル
NowFoodsEVEスーペリアレディースマルチ180ソフトゲル
iherb価格:¥3,309
https://jp.iherb.com/pr/Now-Foods-EVE-Superior-Women-s-Multi-180-Softgels/23363?rcode=qvf680
■食品と共に1日3ソフトゲルを服用します。


レディース用マルチビタミンミネラルですけど、男性でもお勧めです。

普通男性用には無い鉄分「フェリチン」が入っています。

私はちょいちょい飲んでいます(笑)

何せ、このサプリの販売国アメリカは、、元々小麦粉に鉄分が添加されている。

アメリカでは、パンもパスタもピザもケーキもクッキーもビスケットも、小麦製品は全てに鉄分入りです。

日本はどこも何も添加していないので、、

このサプリメントで鉄過剰は起きないと思います。

また、ビタミンB-12も、「メチルコバラミン」なので、一般的なマルチビタミンの「シアノコバラミンもの」より効果的かと思いますね。

またゲルタイプですので、吸収もよさそうです。

実際、違いを体感していますので、私はこれを使用しています。


ひとつお試しください。

=========================
■割引はこちらのコード
ギフトクーポンコード「 QVF680 」
=========================



インフルエンザ対策はビタミンDです。

これは間違いないです。

2018-01-17 冬場の風邪はビタミンD
http://karadajiku.blog.fc2.com/blog-entry-3615.html


※自己責任でお願いしますが、、

私は、普段はビタミンDは、一日に5000IU/1粒を、一日三粒以上飲んでいます。

冬場なら最低限3粒が効果を実感できる量だと思います。

インフルエンザ疑い時や、、

スポーツされていたり仕事ストレス多い方は、5粒を目安にされてみてください。

私の実感として、5粒は普通です。

咳や鼻水出たら多めに飲んでいます。



取り敢えずこの辺で。




ランキングですが、スマホからのクリック対応している様子です。スマホとPCの両方からクリック応援頂ければ有難いです。

◆一読一回、読んだらクリックでランキング応援をどうぞよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

◆こちらもクリック応援宜しく

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村


☆このブログはリンクフリーです。

関連記事