2018-02-10 00:54 | カテゴリ:スピリチュアル
眷属・動物霊・妖(あやかし)の躾ってことで、、

普通、神棚には連絡役の眷族がいる。

ちゃんと祀られていたら、、の場合ですけどね。

フシミからお札を頂いて神棚に祀っても、、、

お札についてくるのは眷族です。

そして、きちんとしていないと、、眷族はフシミに戻ってしまう。

残されたカラの祠。

それが、「抜け殻」ならまだしも、、

野狐が棲んでいたり、、

妖(あやかし)が棲んだりする。

お供え物を貰えますし、、

祈りという思念エネルギーを喰えるからです。


同じ狐霊でも、、、

国立大学出身国家試験合格エリートな「眷属」、、

私学出身民間企業エリートな「眷属」、、

パシリに使われている平社員な「眷属」、、

脱落したフリーターな「動物霊」、、、

そしてヤクザに身を落としたかホームレスな「妖(あやかし)」、、

そんな感じです。


普通の方は、、、

お札を頂いて祀ったらきちんとお手入れしてお供えをする。

大事です。


偶にですが、、、

お供えに慣れてワガママな狐になったりする。

その辺り担当者の当たりハズレがあります。

賄賂要求や接待要求、パワハラをする担当とか、、そんな感じで、、



で、、

飼い犬、、

ペットの犬だと、、ギャーギャー吼えたら飼い主が構ってくれると、、

それを覚えてしまった犬は言うことを聞かなくなる。

お手も、お座りも、、プイっと言うことは聞かず噛み付いたりする。


そういう増長した犬の場合は、、、

誰がボスかを示さないと、、言う事を聞かない。

捕まえて、、アタマを叩く。

アタマを押さえつけて自由を奪う。

しかし指示をキチンと聞いたらヨシヨシと最大限に誉めてあげる。

誉められることで、、今度はキチンと先回りして言う事を聞くようになる。

忖度しだします。

それがペットの躾です。

欧米では幼犬の頃からきちんと躾た犬をブリーダーが販売するので、、

躾けられていない犬は流通しない。

しかし、、

日本は、「躾けゼロ」で売られていて、飼い主も躾けを知らないのが問題です。

躾けようとすると動物虐待だと騒ぐバカがいるのも日本の特徴ですね。


で、、

眷属・動物霊・妖(あやかし)の躾、、

これも同じで、、

ワガママだったり、言うことを聞かない狐霊はアタマをペシペシ叩きます(笑)

眷属の狐の場合、、

本来、神様が躾けをするべきなんですけど、、、

手が回らないのが現状、、みたいです。


眷属の躾け代金請求しないとね、、、、



取り敢えずこの辺で。




ランキングですが、スマホからのクリック対応している様子です。スマホとPCの両方からクリック応援頂ければ有難いです。

◆一読一回、読んだらクリックでランキング応援をどうぞよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

◆こちらもクリック応援宜しく

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村


☆このブログはリンクフリーです。

関連記事