2018-02-04 17:39 | カテゴリ:スピリチュアル
事故物件公示サイト「大島てる」会長が明かす事故物件の見分け方
http://news.livedoor.com/article/detail/14250194/


単に「心理的瑕疵物件」ってなら、、

別にヤバイ物件でもなんでもなく、、

特段、避ける必要もない。


それがヤバイ物件だと言われるのは、、

霊的なネガティブな意味合いが加味されるからです。


で、、

事故物件って、、

事故が起きたから霊的にヤバイのか?ですね。


記事にあるように、、

VTRで紹介されたのは、8年前に自殺があった築45年1DKの物件。マンション内の廊下は、事故物件の部屋の前だけ薄暗く、小山が「分かっちゃった」と一目で事故物件と見抜いていた。

負の溜りが生じていたりする。



事故が起きる原因が、、

本人にあったのか?

部屋にあったのか?

場所にあったのか?

何かを持ち込むことで起きたのか?

色々です。



事故死病死自殺死他殺死、、、

浮遊霊・自爆霊として残るのは、、

鑑定では、大体30%程度、、

70%は成仏する。


30%のうち、、問題化しそうなのは、、

20%程度、、、

100部屋の内、、30部屋に霊がいて、、6部屋に問題が起きそう、、そんな感じですね。

ただこれは、、

「大島てる」というサイトによって増幅されたネガティブを含むんで、、、

このサイトが無ければ、、

100部屋の内、、10部屋に霊がいて、、余程「場」に問題が無ければ、ほぼ問題が起きない。



「大島てるサイト」によって負が増大する、、、

それは何故かというと、、、

事故物件という大勢のネガティブな意識認識イメージのエネルギーが、、

その部屋の負をより一層増大させて固定するんですね。


自殺霊がすんなり成仏しているのに、、

ネガティブ視されることで、負の溜まりになり、他の浮遊霊が住み着きやすくなるんです。


そもそも、、、

部屋で死んでいなくても、、、

事故現場から、病院から、自分の部屋に帰ってきてしまう霊も多いです。

そして、「ここはワシの部屋や!」と障りだす。

それで事故が起きたら、事故物件の誕生です。



ことさら「事故物件」を宣伝することで、、

その物件を、、霊的によりネガティブに悪い方向に持っていく、、

それが「大島てる」のやっていることです。



まぁ、、

「霊的物件毀損罪・物件悪化罪」とでも名憑けるべきですかね。



取り敢えずこの辺で。




ランキングですが、スマホからのクリック対応している様子です。スマホとPCの両方からクリック応援頂ければ有難いです。

◆一読一回、読んだらクリックでランキング応援をどうぞよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

◆こちらもクリック応援宜しく

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村


☆このブログはリンクフリーです。



関連記事