2018-01-17 19:10 | カテゴリ:身体軸
身体軸 ゆるめてみよう ってことで、、

今更出すけど、、「ゆる」。

昔の高岡英夫氏のゆるは、、

「ほゆる」「きゆる」「ぞゆる」でした。

その次は「クリームとろとろ」(笑)

今はもう色々出ています。

「ほゆる」「きゆる」「ぞゆる」世代は、25年以上昔の方たちですね。

改めて見直しても、、このやり方は悪くない。


「ほゆる」

骨がゆるむイメージでカラダをゆるゆる揺さぶる。

掛け声は「ほ~ゆ~る~」です。

「ほ~ゆ~る~」と声に出してカラダを揺さぶる。

頭蓋骨、頭蓋骨継ぎ目がゆるむ 顎骨がゆるむ、頚椎がゆるむ、鎖骨がゆるむ、肋骨がゆるむ、肩甲骨がゆるむ、腕の骨がゆるむ、手の骨がゆるむ、背骨がゆるむ、腰椎がゆるむ、骨盤がゆるむ、仙腸関節がゆるむ、仙骨がゆるむ、恥骨がゆるむ、大腿骨がゆるむ、膝がゆるむ、すねがゆるむ、足の甲がゆるむ、足の指がゆるむ、、

と、、各部を意識してゆるめゆさぶり、最後に全身のホネを「ほ~ゆ~る~」と声に出してゆるめる。


「きゆる」

筋肉がゆるゆるとゆるむ。

「き~ゆ~る~」と声に出してカラダを揺さぶる。

各部をゆるめるイメージはホネと同じ。

パーツ個々をゆるめたあと、最後に全身の筋肉をゆるめるイメージで「き~ゆ~る~」と声に出してカラダを揺さぶりゆるめる。



「ぞゆる」

内臓各部がゆるゆるとゆるむ。

「ぞ~ゆ~る~」と声に出してカラダを揺さぶる。

内臓各部をゆるめるイメージはホネ・筋肉と同じ。

脳みそ、目、耳、蝸牛管、舌、のどチンコ、肺、気管支、食道、胃、肝臓、すい臓、心臓、大動脈、胆のう、その他考えられる限りの臓物・器官を意識する。

パーツ個々をゆるめたあと、最後に全身の臓物・器官をゆるめるイメージで「ぞ~ゆ~る~」と声に出してカラダを揺さぶりゆるめる。


1セットかなーり時間がかかる(笑)

それでたぶん、「クリームとろとろ~」が生まれたのかと、、思っています、、

クリームとろとろは、、たぶんモトは白隠の「軟蘇(なんそ)の法」ですね。

頭の上にバターがあり、、とろとろ溶けていく。

カラダもトロトロ溶けていくイメージです。

そして、、

その後何年かして、、足のゴソゴソとか、「寝ゆる」とか出てきたかなと、、思います。
※最近のはあまり知らないので、、



ワンコの寝起きでカラダを回してブルブルほぐしみたいに、、

全部あわせて体をシャッフルリセットする。

そういうのは日常でやっていけば良いですね。

ワタシも20代30代、銀行サラリーマン時代にトイレでいつも「シヤッフル」してゆるめていました。


続けていきましょう。



取り敢えずこの辺で。



ランキングですが、スマホからのクリック対応している様子です。スマホとPCの両方からクリック応援頂ければ有難いです。

◆一読一回、読んだらクリックでランキング応援をどうぞよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

◆こちらもクリック応援宜しく

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村


☆このブログはリンクフリーです。

関連記事