2017-10-15 11:51 | カテゴリ:時事
モリカケ問題。

政治家が収賄だったなら、、

既に特捜が動いて、、安部総理でも逮捕される。

当たり前です。

特捜が動かないのは、、

そこにお金のやり取りが無い。

そもそも、安部夫人が寄付していたとしても、、それはなんの罪にもならない。

忖度も、日本中でほとんどの会社で行われている現象で、、

それが法律に抵触するなら、、

全国規模で一般人も逮捕者が出てしまう。


加計問題も、、

加計しか愛媛県に申し出なかったので、

12年前から加計ありきです。

そして当時は民主党もそれをバックアップしていた。

民主党の議員のブログにも経過が書かれていた。※今は削除されています。

安倍が騒がれだしたのは、、

「捏造の噂を作り上げて安倍政権を倒す」

このコンセプトを基にしてマスコミとタッグして騒ぎだしからです。

ことの流れを知っている方は、民進党のでっち上げだと、、全員わかります。

40代以下の男性ならすべてお見通しです。

ビジネスマンならマスコミに騙される事は無いです。

これはテレビのワイドショーしかみない世の中年老人情報弱者を取り込む手法ですね。

ですから、テレビを見ない若年層は自民党支持なんです。

18歳なら特にそうです。

テレビと違って、ネットには本当のことが溢れていますからわかりやすい。


前川喜平という、ガールズバーに女子高生を買いに行っていたエロ公務員は、、

文部科学省という立場で既存の大学を忖度して禁止されている天下りの旗を振り続けて、、

天下りを斡旋していた張本人です。

それが偉そうに、、「公務員が権力者の下僕化している」と言い出す(笑)

既存大学の利権の下僕化していたのが前川喜平です。

天下り斡旋していてクビになったのが前川喜平です。

これを持ち上げる左翼、、

その理由は、、

前川喜平は、民主党が強行採決した朝鮮人学校無償化を推進した人物なんですね。

つまり、、

前川喜平は北朝鮮のエージェントなんです。


北朝鮮のエージェント、、このキーワードで見れば、、

立憲民主党はまさに、、在日帰化議員の巣窟で、、、

北朝鮮の指示を受けて活動するテロ政党だということが観えてきます。



立憲民主党はつまり「テロ政党」なんですね。

※立憲民主党を推すブロガーも在日の反日テロエージェントだということです。


前川喜平(まえかわ きへい) 
1955年奈良県生まれ。東京大学法学部卒。1979年文部省(現文部科学省)に入省し、初等中等教育局長、文部科学審議官、文部科学事務次官などを歴任、民主党の元で朝鮮学校の無償化に奔走、また禁止されていた天下りについては依然として各大学側が文部科学省の各種事業の補助金・交付金をもらうための天下りを受け入れるための「職務上知り得た人事情報」を渡すパイプ役をしていたことが発覚。前川は「文科省と日本政府への(国民の)信頼を損ねた。万死に値する」として謝罪したものの、前川は「せめて(定年の)3月まで次官を続けさせてほしい」という要求をするものの断られ、1月20日に辞任が認められて2017年1月に退任。
2017年1月に2ヵ月間減給10分の1の懲戒処分を受ける。同年3月に天下り斡旋の違法行為による停職相当の懲戒処分が発表されたものの、退職金は2月17日付で支払われ、前川と同じ勤続条件37年で事務次官で懲戒処分の減額等の無い自己都合退職の場合の支給額約5610万円であると報じられる。
前川が文部科学省在職中に女子高生の売春や援助交際の交渉の場になっている東京都新宿区歌舞伎町の出会い系バーに頻繁に出入りし、店内で気に入った女性と同席し値段交渉したうえで店外に連れ出していたと報じた。同報道では店に出入りしている女性の「女の子と値段交渉していた」「私も誘われた」といった証言も紹介された。
「本当に貧困を救いたいならバー通いを止めさせたり働き口を紹介するのが普通であるにもかかわらず、何度も通いデートをしお小遣いをあげていた行為について、「女性が性を売ることを助長してた」だけであり、教育行政のトップとしてふさわしくない」と批判されている。

加計学園問題で今年5月に記者会見し「行政がゆがめられた」と告発。7月には国会で参考人としても告発したが加戸前知事に彼はどうしてウソをつくのかと論破されたものの生放送以外のテレビニュースでは流れなかった。




取り敢えずこの辺で。



ランキングですが、スマホからのクリック対応している様子です。スマホとPCの両方からクリック応援頂ければ有難いです。

◆一読一回、読んだらクリックでランキング応援をどうぞよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

◆こちらもクリック応援宜しく

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

☆このブログはリンクフリーです。


関連記事