2017-10-10 01:45 | カテゴリ:健康
先ず最初にお断りしておきます。
「身体軸は〇〇会議とかいう組織の構成員なのか?」というメールが来ました。
まぁその団体があることは知っていますが、正直どのような団体か詳細はメール頂いてウイキ見た程度です(笑)
当ブログの時事で色々書いてきていますが、身体軸ラボ自身はいかなる政治思想団体等とも関係はないですし、そこに所属しているとかいうこともありません。
そこを先ずはお断りしておきます。
そもそも所属しているかいないとかをイチイチ聞こうとメールするのは左翼的行動かもですけど、、、
で、
政治が変だな、、と感じたのは、田中角栄ロッキード疑獄事件ですね。
当時、法学部2年でした。
アメリカの嘱託尋問調書という免責での証言、日本での反証をさせない調書を証拠採用し、そこから判断した判決を出すこと自体が、日本の司法の自殺だと、、少なくとも法学部で法律をかじった人間ならわかります。
異常事態です。
しかし世間もマスコミも、「立花隆」を持ち上げて、田中角栄を「巨悪」として葬り去ろうとしていました。
これは中世の魔女裁判と変わらない構図です。
当時の中国との国交樹立が問題だったことその他が引き金になったことは、、冷静さがあればわかったことです。
火炎瓶を投げて目的の為には殺人も爆弾も平気でする全学連等の学生運動連中の思想も背後の日本共産党が透けていました。
西成暴動も、義憤の労務者やホームレスを背後から煽って、後ろから砕石を渡して投石させていたのも左翼活動家・過激派です。
騒乱を操る左翼活動家が裏にいる。
その時の体験が、今の時事記事に繋がっています。
リベラル名乗り、憲法9条護憲、自衛隊反対というのはまさしく中国共産党や北朝鮮の手先ですね。



さて、、

ヒップアップは歩幅が命

これは日常で歩幅を7センチ広めに意識して歩くことです。

今の若い方は歩くのが遅く歩幅か狭い。

結果として、全身の筋肉がサシが入って霜降り肉化する。

当然、ヒップも垂れてきます。

ですから、鍛える。

歩幅を広くとることで、、

太ももも臀部もチカラが入り、、

体幹を支えるインナーマッスルにもチカラが入ります。

トータルで凄くカラダには良いわけです。


歩くときに歩幅7センチ広く意識して歩く。

地面を見ないで姿勢しっかりして歩く。


この二つを常に守って意識して取り組んでください。

三カ月程度で2センチ程度はヒップアップしてくることでしょう。



取り敢えずこの辺で。



ランキングですが、スマホからのクリック対応している様子です。スマホとPCの両方からクリック応援頂ければ有難いです。

◆一読一回、読んだらクリックでランキング応援をどうぞよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

◆こちらもクリック応援宜しく

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

☆このブログはリンクフリーです。


関連記事