2017-08-09 18:55 | カテゴリ:時事
桂歌丸が「戦争を知らない政治家」に苦言 ネット上で反響
5日放送の「報道特集」(TBS系)で落語家・桂歌丸が、戦争に関して政治家に苦言を呈し、反響を呼んでいる。

番組では、反戦意識を強く持つ歌丸が登場し、「戦争なんてのは本当に愚の骨頂」「やるもんじゃない」「おっかないですよ」と主張。小学2年生のときに疎開先の千葉から、故郷の横浜が空襲されるのを見ていた体験談などを語った。

当時、歌丸の祖母は防空壕がいっぱいで入れず、避難した橋の近くで間一髪生き延びたが、防空壕の中にいた人たちは煙でほとんど亡くなったという。

最近は、戦争を知らない世代の政治家も増え、歌丸は「戦争を知らない政治家が戦争に触れるな」「戦争を知らなかったら、戦争をもっと研究しろ」と政治家の戦争に対する無知を指摘する。

さらに「戦争というものは、良いものなのか、悪いものなのか。この判断をきっちりとしろ」「(戦争が)良いものだと思ってる政治家だったら我々選ばないし、絶対に」と苦言を呈していた。

http://news.livedoor.com/article/detail/13441014/


「戦争というものは、良いものなのか、悪いものなのか。この判断をきっちりとしろ」


コイツ、、

バカですか?


桂 歌丸(かつら うたまる、1936年〈昭和11年〉8月14日生まれの80歳

80年生きてこんなこと言っていると笑われますね。


そもそも、先の大戦も、、

どーして起こったのか?という部分。

ここをしっかり検証するのが大事であって、、

戦争が良いとか悪いとか、、そういう低次元の話をしているのは、、

戦時小学生世代に共通した洗脳された左翼思想なんですね。


桂歌丸は、1日に缶ピースを6~70本吸っていた。

「意志が強いもんで、みんながやめても私だけはたばこをやめなかったんです」
らしい(笑)

タバコの吸い過ぎで灰を壊した「左肺炎慢性呼吸不全の急性増悪」で酸素ボンベが手放せない、、、

80でボロボロの身体になったのは自業自得です。

そして、、

1日に缶ピースを6~70本を自室引きこもり吸いしたワケではないんで、、

周りの人々を毒ガスで暴露させ汚染し続けた60年です。



最近は、タバコを知らない世代も増え、歌丸は「タバコを知らない世代はタバコに触れるな」「タバコを知らなかったら、タバコをもっと研究しろ」と、ノースモーカーのタバコに対する無知を指摘する。

と言い換えたい位です。


ケンカは良くない、格闘は良くない、、とは言っても、、

泥棒や強盗と対峙する警察官は格闘技のプロで逮捕術に精通しないといけない。

当たり前です。

歌丸は警察官に「丸腰でいろ」「ピストルも警棒もいらない」「格闘術など習うな」、と言っているのと同じです。



小型核弾頭を60発保有し、ICBMを完成させ、、

日本漁船が自由に操業している、日本の排他的経済水域に予告無くミサイルを撃ち込む北朝鮮がいて、、

ミサイル基地攻撃能力を研究するのは自衛手段です。


歌丸は、、北朝鮮に猛烈に抗議して、北朝鮮を揶揄する笑いを作ったりしたんかな?と疑問です。



反戦左翼の反日活動家、、これが桂歌丸だとハッキリしましたね。



桂歌丸本名:椎名巌 定時制高校中退 生家は女郎屋「富士楼」祖母が歩くと地元ヤクザが道を開けた。
 私の家は「富士楼」といって、経営者である祖母は大変に有名だった。なにしろ、この祖母が町を歩くと、地元のやくざがサッと両側に寄って、祖母のために道をあけたというのだから、すごいものだ。
http://seidoku.shueisha.co.jp/katsura.html

横浜の「永真遊郭(えいしんゆうかく)」の中の女郎屋「富士楼」の経営者で道を歩くとヤクザが道をあける、、、、コレ朝鮮ヤクザ系って線はあるかもですね。
朝鮮人の人買いが朝鮮半島から売春婦を集めて日本に売りつけていましたからね。
まぁ威勢を誇った女郎屋という財産が爆撃で灰燼に帰して無一文になったから戦争に恨み節、、もありそうです。
売春斡旋で稼いだお金で育ちました、、ってコトです。※当時は合法です。
かつて神奈川県に存在していた「永真遊郭」その跡地を調査した!
http://chinobouken.com/nagamayuukaku/




取り敢えずこの辺で。



ランキングですが、スマホからのクリック対応している様子です。スマホとPCの両方からクリック応援頂ければ有難いです。

◆一読一回、読んだらクリックでランキング応援をどうぞよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

◆こちらもクリック応援宜しく

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

☆このブログはリンクフリーです。


関連記事