2017-07-14 20:09 | カテゴリ:時事
公職選挙法違反にも関わらず居座る民進党党首と擁護する取り巻きと違い、こちらはスッキリはっきりしています。

豪議員、二重国籍で辞職=帰化時に手続き済みと誤解
【シドニー時事】オーストラリアの野党・緑の党に所属するスコット・ラドラム上院議員(47)は14日、二重国籍と知らずに過去9年間、議員活動をしていたとして、議員を辞職した。

 移民国家の豪州では二重国籍は珍しくないが、議員の二重国籍は憲法で禁じられている。

 ラドラム氏はニュージーランド生まれで、幼少時に家族と共に渡豪。グラフィックデザイナーを経て、政界入りした。ラドラム氏は14日、西部パースで記者会見し「10代で豪州に帰化した際、ニュージーランド市民権は消滅したと思い込んでいた」と説明した。最近になり問題を指摘されたという。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170714-00000078-jij-asia


二重国籍を自覚して国会議員になっていた民進党党首の謝蓮舫。

二重国籍どころか、、

三重国籍だったと、、噂されています。

※中華民国(台湾)・中華人民共和国(中国)・日本の三重国籍。


帰化一世は議員には成れないと、、法改正した方が良いですね。



蓮舫氏「戸籍謄本を公表するとは言っていない」
http://karadajiku.blog.fc2.com/blog-entry-3225.html

レンホウ戸籍見せなきゃ意味が無い理由
レンホウ国籍の自覚と公職選挙法違反の自覚の証拠
中国人として自覚していた証拠



取り敢えずこの辺で。



ランキングですが、スマホからのクリック対応している様子です。スマホとPCの両方からクリック応援頂ければ有難いです。

◆一読一回、読んだらクリックでランキング応援をどうぞよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

◆こちらもクリック応援宜しく

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

☆このブログはリンクフリーです。
関連記事