2017-05-19 15:50 | カテゴリ:健康
白血病末期と診断された方が、、

食事制限がきつくて、、

唯一食べられた「らっきょ」

別に好きでも嫌いでもなかった「らっきょ」

入院中にらっきょをせっせと食べたところ、、

癌が治って退院したのちも、、らっきょを食べている。

今では再発も無く元気で、、

「らっきょ大好きなんですよ~」だと、、

と、、

とても、お元気そうです。

で、、それを見ていて、、

ソレ「らっきょ」が良かったんだじゃね?と思って、、

調べてみました。


で、

らっきょのキーワードは、、


イオウ化合物の硫化アリル

フルクタン


この「イオウ化合物の硫化アリル(フラボノイド)」が強い抗がん作用があるとの研究発表があります。

これは抗がん作用の多いニンニクの抽出液よりも、さらに強い抗がん作用があることが判明しているとのこと、、

血栓やコレステロールの代謝を促進して血液さらさらにしてくれるとか、、動脈硬化、脳血栓、脳梗塞などの予防に効果がありそうです。


そして

「フルクタン」と呼ばれる食物繊維が豊富だと、、


その辺りは、「らっきょ 癌」で検索するといろいろ出てきます。

ただし一日3~4個食べる程度のペースで続けてみるのがベターみたいですね。


ダイエットか何かの番組で「毎日らっきょ三個食べるだけ」ってのもありました。

国産らっきょを探してお試しされると良いかと思います。




取り敢えずこの辺で。



ランキングですが、スマホからのクリック対応している様子です。スマホとPCの両方からクリック応援頂ければ有難いです。

◆一読一回、読んだらクリックでランキング応援をどうぞよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

◆こちらもクリック応援宜しく

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

☆このブログはリンクフリーです。


関連記事