2017-05-18 13:23 | カテゴリ:時事
あさひ・る【朝日る】(動ラ五[四])
(1)事実を捏造・改ざん・隠蔽する。
(2)自分の利益のために、ごまかしてうまく立ち回る。
(3)麻薬などの薬物により酔った責任能力のない状態になること。
(4)売国をする。買弁する。国損行為を働く。
(5)まれに親韓派、親中派の行動を指して使われることもある。
(6)(1)によって自国を悪く言ったり嘲笑したりする。
(7)(1)によって歴史修正する事。
(8)朝日が動詞化したもの。

出典:ニコニコ大百科
http://dic.nicovideo.jp/a/アサヒる


朝日新聞が新作歌舞伎記事でまた”アサヒった”と話題に 2007年ネット流行語大賞受賞の”アサヒる”とは
5月15日、「歌舞伎四〇〇年の言葉」の著者・堀越一寿さんが『Twitter』にて

朝日新聞さんは意図通りに発言を捻じ曲げて伝えるのか上手いですね…。前振りに「新作歌舞伎に疑問の声も」と付けることで発言意図が180度転換されてしまいました。
『今後生まれてくる作品についても、演出などに頼りすぎず、役者の魅力を活かした作品を作っていってほしい』と伝えたのですが…。

朝日新聞さんは意図通りに発言を捻じ曲げて伝えるのか上手いですね…。前振りに「新作歌舞伎に疑問の声も」と付けることで発言意図が180度転換されてしまいました。
『今後生まれてくる作品についても、演出などに頼りすぎず、役者の魅力を活かした作品を作っていってほしい』と伝えたのですが…。

等ツイートし、経緯を記した画像をアップした。同じ内容のものがブログにも掲載されている。

朝日新聞さんの記事について
http://ameblo.jp/kabuki400years/entry-12274822235.html

記事は新作歌舞伎についてのもので、堀越さんは「不満はない」と明確に答え、今後の新作に対しての意見を述べたところ、「新作歌舞伎には疑問の声も」という文脈の中に置かれ「新作を認めていないかのような印象」を作り出されたというもの。

新作歌舞伎、さらに進化 映画監督らが挑戦 マンガ・絵本が原作
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12937677.html

堀越さんは、

無念ですが、私の負けを認めるしかないのでしょう。今後は朝日新聞さんとは関わらないようにしたいと思います。

と結んでいた。
その後、堀越さんの元には朝日新聞文化部デスクよりお詫びの電話があったとのこと。また、想像した以上にネット上では反響があったようで、追記ではそういったことについても触れている。

関連記事:朝日新聞の新作歌舞伎記事でミスリード!? 歌舞伎大向弥生会幹事「二度と関わらないようにしたい」
http://getnews.jp/archives/1741331

今回、SNSでは朝日新聞に対する批判が頻出し

「朝日新聞のこういう技術こそ『文芸』という名の芸にふさわしい小細工の塊なのである」
「一部を出して取材先へは許可をもらい全文では足して違う意味合いにしてるということか」
「自分の頭の中のストーリーに合わせて記事にする典型例と思われ。ひどい話」
「『朝日新聞のインタビューは害悪でしかない』『記事づくりには悪意しかない』という事実をもっと広げて『朝日新聞からの取材は全てお断りしております」が総意になるくらいの世になってもらわないと。」
「朝日新聞に限らずマスコミ全般がネットを毛嫌いする理由が、ネット普及後は取材元や関係者がネタばらししてマスコミの悪行を明らかにしてしまうからって理由も多分に有るんだろうなー。マスコミのフェイクニュース体質はいつに成ったら変わるんだろうな?」

といった意見がみられ、

「またアサヒったのか」

という書き込みも多数みられた。


180度捻じ曲げて報道し、、

抗議されたら本人にお詫びするだけで訂正記事を出さない。※慰安婦と同じ。

最初の捏造記事で読者にイメージインパクトを与えることだけが目的なんで、、、

お詫びを個人的にするだけで、、

訂正記事とか全く考えていないのですね。


これがフェイクニュースを流す朝日新聞と朝日放送のやり方です。


加計学園の怪文書捏造疑いあり
民進、加計学園めぐる文書追及 出所明かさず
学校法人「加計学園」(岡山市)が国家戦略特区に獣医学部を新設する計画を巡り、民進党は17日、文部科学省が、国家戦略特区を担当する内閣府とのやりとりを記録したとされる文書を入手したと明らかにした。「官邸の最高レベルが言っていること」「総理のご意向だ」などと記載されており、文科省や内閣府に事実関係の確認を求め、徹底追及する構えだ。

最大の問題はこの文書の信ぴょう性だ。民進党幹部は「本物だと確信している」と説明。ただ文書を入手した経緯などについては明かさなかった。別の幹部は「入手ルートの問題ではなく内容の問題だ」と述べた。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS17H43_X10C17A5EA2000/

入手ルートの問題ではなく内容の問題だ

と平気で言い放つ、、、


真正のバカです。

本物でなければ内容などいくらでも「朝日る」ことができるので関係が無い。


こんな誰が書いたかまるでわからない文書で職員は仕事をしない。

あて先も、文書の責任の所在もハッキリしない文書を「公的文書」と言い出す(笑)

※法的には回覧にも属さないメモ程度でしかない。

※それとこの文書で役人が忖度したとしても、安倍総理にお金が回ったとかいう話ではないので、それは汚職でもなんでも無い訳ですからなんら問題は無いんです。役人が忖度したら内閣総辞職なら、たぶん民主党政権時代も総辞職になっていた話です。

※森友学園も、地下3mより深い深度のボーリングでゴミが無かったことを隠したのは籠池側であって、ゴミがあるという報告書を元に役人が手続きしただけの案件です。つまり籠池の詐欺罪になる話なんですね。
そもそも直径10センチ程度のボーリングですから、たまたまゴミにぶつからなかった可能性もある訳です。


まぁ、、

こういう捏造疑惑な文書を「決定的証拠」と踊り狂う左翼バカ、、、

こういう疑惑ゆんゆんのニュースを一方的に垂れ流すだけの「朝日る」そのままのプロテスタントのブログとか、、

神様に恥ずかしくないのか不思議です。※偽信仰ですからね。



そもそも偽者の文書の問題は、、

民進党は過去に偽メール事件を起こしている。

wikiより
堀江メール問題(ほりえメールもんだい)とは、2006年の日本の第164回通常国会において民主党の衆院議員である永田寿康によるライブドア事件および堀江貴文にまつわる質問から端を発した政治騒動。証拠とされた電子メールが捏造であったことから、永田は議員辞職し民主党執行部は総退陣に追い込まれた。他に永田メール問題、永田メール事件、ガセメール問題、偽メール問題、ライブドア送金メール騒動など様々な名称で呼ばれた。




堀江貴文「森友学園は偽メール事件と同じ。民進党は昔からバカ」 | netgeek

http://netgeek.biz/archives/93977



そんなことよりは、二重国籍を自覚して隠してきた蓮舫議員、、

国内問題より大問題の、スパイ問題国際的スパイ問題です。

二重国籍の蓮舫は議員辞職に値する 、と思いますね。


日本国籍を持たない在日が政治活動するシールズとか、、中国や北朝鮮なら銃殺されている案件です。



追記。
で、このメモ書きがホンモノだとして、何処に問題があるんですか?
総理が「これをやろう」と指示したら全て忖度で内閣総辞職だぁぁってのが民進党の脈絡のつかないトンデモ主張です。





取り敢えずこの辺で。



ランキングですが、スマホからのクリック対応している様子です。スマホとPCの両方からクリック応援頂ければ有難いです。

◆一読一回、読んだらクリックでランキング応援をどうぞよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

◆こちらもクリック応援宜しく

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村

☆このブログはリンクフリーです。




関連記事